スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放蕩記/村山由佳 
半自叙伝なんだそうです。
母と娘の同性の親子の確執を書いた作品というか何というか。
主人公がきっと村山さんと思われる女性で、当然小説書いていて、ああこれはきっとあの本のことなんだろうなぁと。
他の本も読んでいるから、作中に出てくる小説も(タイトルが書いてあるわけではないけれど)わかる。
そんな楽しみもあり、『ダブル・ファンタジー』という本の続きとしても読めるお話。

そっくりそのまま私だとは思わないけれど、私自身も村山さんと似てるなぁと思うところもあってドキっとした。
長女だし、お姉ちゃんだからしっかりしなくちゃと思ったり。
お母さんに褒められたくてひらすらいい子になろうとしてた子供の頃だったり。
怒られるのが何よりも怖くて、怒鳴られると震え上がって声が出なくなったり。
小さい頃の出来事はほとんどの記憶が曖昧なのに、強烈なインパクトを持っている思い出はありありと思い出せる。
私も似たようなことあったなぁ…なんて思いながら読み始めたら止まらなくなるっていうね。
小さい頃は家族のコミュニティが自分にとってほとんどを占めているから、やっぱり親は絶対だったわけで。
そんな中で外の社会に出るようになって、自分なりの考えを持つようになってからの親との付き合い方に悩んだ時期とか。
親は絶対正しいと思ってたのに、父も母も人間、完璧なわけではないと気づいた時とか。
まだまだ若いと思ってたのに、自分が歳を取ったのと同じだけ親も歳を重ねていると感じた時とか。

私は幸いうちの家庭の事情ありのままを打ち明けられる人と出会えて。
その人が客観的な目で見てアドバイスというか…上手な付き合い方ができるように助けてくれたからよかったけど。
そういう人と出会えてなかったら色々キツかったのかなぁ、と思ったりして。

お父さんお母さんのことを思い浮かべながら読んだ1冊、でした。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://bookjacket08.blog19.fc2.com/tb.php/373-639edb2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。