スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イン・ザ・プール 
さらっと読めていい。
5つの短編からなっていて、話のパターンは一緒なんだけど飽きずに読めた。
伊良部先生のスケールの大きい考え方が爽快。
「たばこの火の不始末が気になって何度も確認してしまうんです。」と訴える患者に、「灰皿やめて水をいれたバケツにしちゃえば?」みたいな提案をしてしまう。
神経科なのにカウンセリングは無駄だからしないと一蹴。
なんていうかやり方は破天荒。でも、結果的には無事解決。
診察室のドアくぐって「いらっしゃぁーい」なんて甲高い声出されたら笑っちゃうなぁ。
スポンサーサイト
 
藍色 #-
 
これまでの分、無事に届きました~。
伊良部先生の破天荒な診察。笑いましたね。
新刊、「オリンピックの身代金」も違うテイストで面白かったですよ。
トラックバックさせていただきました。
まき #-
 
「いっしゃーいっ」って言われてみたいです。笑。
結果オーライになってるんだから、すごぃ。
狙ってんのかたまたまなのか、明かさないところがまたイイですよねーw
シリーズみたいなので、続きも読んでみたいです。
しかし、藍色さんはすごいスパンで本読んでらっしゃいますね。
普段は何をされている人なんですか?(もし差し支えなかったら

秘密にする

 
トラックバックURL
http://bookjacket08.blog19.fc2.com/tb.php/245-3c7e9479
 
伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。 色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。