スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つのシアター!/有川浩 
これは小説じゃなくて脚本集。
シアター!で描かれた劇団シアター・フラッグが実際に舞台化。
1巻と2巻の間になるような話が舞台になったそうで。
脚本集だから、セリフもト書きになってるし、情景なんかも書かれてて。
あとは、舞台化した時のエピソードなんかも注釈で書かれているので、いつもと違った読み方ができた。
この話も面白かったーw
スポンサーサイト
シアター!2/有川浩 
シアター!でだいたいのキャラがわかってきた劇団シアター・フラッグの面々。
2巻でみんな好き勝手に動き出す…。
みんな、勝手に動きすぎ!!!笑
1巻よりも、登場人物の言動が楽しかった。
そして借金返せるか返せないかの瀬戸際。
どうなるんだろう…???
「たぶん3巻で終わると思います」って有川さん、3巻出てないじゃないですか。
どうしてくれるんですかー!!!泣

早く続きが読みたい…。
シアター!/有川浩 
小劇団が300万の負債をかかえてしまう。
主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。
もともと劇団なんて食べていけないし、辞めてしまえと思っていた兄は条件つきで300万を貸す。
「2年間で、劇団の収益のみで300万きっちり返せ。できなかったら劇団潰せ。」
さて、劇団シアター・フラッグは借金を返し、無事存続できるのか…?!
って話。

この前私がベタ褒めした「図書館戦争」のアニメで、柴崎麻子役の声優さんが劇団にも所属しているらしく。
その舞台を有川さんが見に行ったのがきっかけで「シアター!」が生まれたそうだ。

この世界で成功するのなんて本当一握りの人間だけで。
役者で食べていけない人は将来が不安になったりしないんだろうか?とか。
余計なお世話なんだろうけど、何となくそういうイメージを持ってた演劇界。
その舞台裏というか、仕組みもわかります。
放っておけない一匹狼?(フルメタル・パニック!)/賀東招二 
2巻は1巻ほど戦闘シーンなかったから読みやすかった。
これ中学生くらいに読んだ方が楽しいんじゃなかろうか?笑
めちゃくちゃ面白いってわけじゃないけど…シリーズものだからとりあえず読んでます。
借りたし。
戦うボーイ・ミーツ・ガール(フルメタル・パニック!)/賀東招二 
図書館戦争の堂上教官がカッコイイカッコイイ!って連呼してたら
「こっちの宗介の方がカッコイイ」って言われて貸された本。
1巻読み終わったところででも「やっぱり堂上教官の方がカッコイイ!!!」って思ったけど…。
「1巻なんてまだまだ序の口だ」だそうで…。
宗介くんもこれからカッコよくなるそうです。
ガンダムとかエヴァンゲリオンみたいな話なの???(2つともよく知らないから何とも言えないけど
人がマシンに乗って操縦して敵と戦うみたいな感じ。
私そういうの苦手なんだけれども…。カタカナいっぱい出てくるとわかんないんだよ…。
なのでキャラ読みしちゃいましたが、この話これからどうなるんでしょうか?
ドラゴン・ティアーズ-龍涙 /石田衣良 
読み終わってからだいぶ経っちゃった…。
このシリーズの凄いことは、その時その時の時事問題を扱っていること。
文庫になるまでのタイムラグがあるから、1年くらい前の話題だったりするけど。
でも世の中で起こっていたことを、果物屋のトラブルシューター目線で書くって凄いよねー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。