スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館危機 図書館戦争シリーズ③/有川浩 
3冊目は思わず涙してしまう内容。
もうだいぶ登場人物たちにのめりこんでいるので、それぞれのセリフにすら感動してしまう有様。
本の中に俳優さんをインタビューする話が出てくるんだけれど、どうしても向井理さんに見えてしまうっていう不思議。笑。
読んでるだけなのに「見え」ちゃうんだから私の妄想力ハンパないっていう。
だからこそ読んでて泣いてしまうんですけど。
4作目の発売は6月23日!!!あと10日!!!待てない!!!
スポンサーサイト
図書館内乱 図書館戦争シリーズ②/有川浩 
2作目のイイトコロは、この話の中で問題になった『レインツリーの国』という本が実際に書籍化されていること。
私この本より先に『レインツリーの国』は読んだことがあって(もちろん有川浩さんの本)。
だからそういうコラボがまたたまらない。
架空の小説の中に実際に存在する本が登場。嗚呼ステキ。
2作目の相変わらずベタ甘で、いいなぁこんな王子様がいてくれたらなぁ!と思ってしまう訳です。
このあたりでこのシリーズにどっぷりハマり、次の文庫の発売日もすかさずチェック!
文庫本の発売日を心待ちにするなんて、なかなかない経験。
図書館戦争 図書館戦争シリーズ①/有川浩 
前々から気になってた『図書館戦争』シリーズの待望の文庫化!!!
3冊目まで買って、一気に読んだから感想アップ後回しでした。
それくらい面白い。これはイイ。
有川浩さんは『阪急電車』とか『フリーター、家を買う』とかが映画やドラマ化されている作家さん。
そのイメージとはまた違うシリーズなんです。
私が有川浩さんを知ったきっかけになった自衛隊シリーズ『塩の街』『空の中』『海の底』でもわかるように、有川さんなんんと自衛隊オタク。
図書館戦争はちょっと軍隊っぽいところもあるけど、自衛隊シリーズほどではないし、いきなり自衛隊シリーズに挑むよりはこっち(図書館戦争シリーズ)読んだ方が入っていきやすそう。
架空の未来のお話で、メディア良化法という法律ができてしまったがために様々な単語がふさわしくない・差別用語であるということで、本や雑誌に規制がかかる世の中。
本を検閲する機関である良化隊から、本を守るための組織が図書隊。
この設定からして面白いのに、図書隊の中での人間関係も面白ければ、恋愛の胸キュン要素も織り込まれているという素晴らしさ。
読書をこよなく愛する人にはたまらないお話になっていると思われます。
解説対談はあの児玉清さんだし、この本間違いないです。
Jの神話/乾くるみ 
金沢旅行の帰りの特急の待ち時間ヒマになって。
駅のキオスクで見繕った1冊。
知ってる作家さん(でかつ読んだことない本)ほとんどなくて…。
乾くるみさんだったら『イニシエーション・ラブ』が衝撃のラストで面白かったしと思ってコレに。
全寮制の女子高で起こる自殺や殺人事件を解き明かす話でした。
生徒の優子からの目線と、殺された生徒の親に雇われた女探偵《黒猫》からの目線とが交互に。
真相は一体どういうことなんだろう?って読み進めてくのは楽しかったし。
遺伝子の話(特に性染色体の話)がでてきてこのへんはわかるから難しくはなかったけど。

オチはそれなんですか・・・。

っていうがっかり感が否めない。うーん…。
いや。ミッションスクールだったし、聖書に絡めたオチになってて興味深いオチではあったけど。
聖書だけではなくって中世の魔女狩りの本当の理由の解釈とかも面白かったけど。
でもなぁ…。シモネタ…。
しかしデビュー作でこれだけの本が書けるってすごいな、とは思ったけれど。
どストライク!な作品ではなかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。