スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
答えはひとつじゃないけれど/石田衣良 
新聞にこの本の広告出てたのを見たから買ってみた。
月刊誌のクッキー(マンガです)の中でお悩み相談コーナーをやっていたそうで。
その時の記事がまとまってる本。
クッキーを読んでいる女子たちがあらゆる悩みを相談してるんだけど。
まぁ悩みも千差万別だねぇーっていう。
生き方もしかり。
高給取りでカッコイイ人と結婚にこぎつけて、自分で勝ち組だと言ってのける人もいれば。
両親の不仲に真剣に悩んでいる中学生くらいの女の子もいる。
お悩みも石田さんの回答もふーんってカンジで読んじゃって。
というかあっという間の読み終えてしまって。
買うまでもなかったよなーって思った。

唯一の収穫は「エアコンは設定温度を上げるより風量を上げた方が省エネ」らしいということ。
お悩みと関係ないところに書いてあった。笑。
根拠までは書いてなかったからどこまで本当かわかんないけど。
スポンサーサイト
20代でやっておきたいこと/川北義則 
20代って言ったってあと3年しか残ってないけれど…。
やり残したことはないだろうか?と思って読んでみた。
帯に「この本を20歳の時に読んでおきたかった!」って書いてあったし。
20代で経験しておきたいことや、会社で働く時にこれだけは知っておきたいこと、二十歳からの勉強法、社会人としての人間関係術…等々が書いてある。
読んでみれば何てことはない、今まで私が20代で経験してきたことが書いてあった感じ。
たぶん読者のターゲットが「就職活動に苦しんでいる二十歳くらいの学生」なんだと思う。
仕事のこと、社会人としての心構えみたいなことが中心。
あとは、若いんだから自分の器を大きくするために色々チャレンジして失敗も含めて経験を積めって書いてある。
多少のやんちゃは許される時代なのに近頃の若者はおとなしい。そんなんでどうするんだ?!って警鐘を鳴らしているようなメッセージもある。

自分自身でも特に経験してよかったって思ったことは何だろう…?
叱られることとか、失敗することとかかな。
失敗ばっかりで、よく叱られていたけれど、あれは本当に有難かった。
同じ失敗しないようにするためには、他にどんな方法があるのか?って解決策やら代替案を考えるようになったし。
叱る方も気分いいものではないだろうに、わざわざ時間割いてタイミングとか言い方考えて言ってくれてたのがわかったから、素直に受け入れられたし有難いなぁと思えたし。
本にも書いてあったけれど、本当によいメンター(良導者)に出会えたんだと思うわぁ。

あとは一人旅?
本ではできれば海外一人旅って書いてあるけど、国内一人旅でも可だそうで。
国内なら何度か経験しているわけで。
知らない土地に1人で行って、その土地の人といっぱい喋って、名所を巡ってっていう経験。
あれは本当にいい経験だった。成長できたと思う。
一人旅、また行きたいなぁ…。

自分が20代の6年ばかしで「やってきたこと」が1冊の本で「やっておきたいこと」として取り上げられてる。
っていうことは、まんざらでもない20代を送れているんだろうなぁ。よかったよかった。
あ。本では世界中の先人たちの名言も引用されてました。こないだ読んだドラッカーも結構でてきてたよ。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎 夏海 
ずっと前から気になってたものの、表紙で何だかとっつきにくかったんですが。
テレビでもたくさん取り上げられてて、著者去年紅白の審査員もしてたし、読んでみたいと思ったわけで。
そしたら彼氏の家の本棚にあったわけで。
勝手に借りてきたわけで。
ストーリーは何だか映画化を意識して作られてたんだろうなーって感じで別に面白いわけでもなかった。
でもいきなり本家のドラッカーを読むより、入りやすいんじゃないだろうか。
ドラッカーが唱えてることを、自分の環境に置き換えてどう応用してったらいいのかの例が書いてあるというか。
顧客とは何かを定義づけて、じゃあ顧客が求めるものは何なのか?を考えて…。
そういう定義づけとか目的を明確にしたり、そういう考え方今までしたことなかったから、面白かった。
前の会社にいる時に読んでたら、業務やるにしても参考にできたかもなぁー。
エッセンシャツ版の方も読んでみたいかも、と思った。
白銀ジャック/東野圭吾 
彼に「読めッ」って否応なく借りさせられた1冊。
まぁ東野圭吾だし、時期的には今読むのが1番だろうし、読みました。
それにしてもタイトルが内容をうまいこと表していること。
ゲレンデの下に爆弾が埋まっているって、スキー場関係者のところに犯人から脅迫状が届くんだもの。
一体何が本当の狙いなのか?
で、犯人は誰なのよ?何人か怪しい動きをちょこまかとしてるけれども?!
とまぁ、結末を推理するのが苦手な私は楽しめました。
どんでん返しもあるしねー。いやー。びっくりしたー。
何がスリルあったかって、話が佳境を迎えてた時に彼氏がスキー旅行中だったっていうことだわ。
爆発するかと思った。笑。
かくゆう私も今週末ゲレンデ。笑。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。