スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チルドレン 
時間潰しのために本屋さんでうろうろしてて、買ってきたもの。
帯に「伊坂幸太郎、まずはコレ!」って書いてありました。
まずはって言ったって、もう3冊読んでるけどなぁと思いつつ。
でもその文句を帯に載せるくらいなんだから面白いかもと期待した訳です。
短編5つになっていて、全部に登場する人物は陣内という男1人。
でもその陣内は一人称語られることはなく、必ず周りの人物目線で話されています。
5つのうち3つは友人3人から、残りの2つは職場の後輩1人から。
時間軸が順不同に並べられた5つの話だけど、それがかえって新鮮。
陣内にまつわる謎(父親との確執にどう決着をつけたのか)に最後の最後でオチがつくのも痛快。
や、むしろ陣内という男のキャラクター自体が痛快。笑。
ほんとにまわりにこんな友人がいたら、日常に飽きることはないんだろうなって思った。

スポンサーサイト
レインツリーの国 
本屋さんのブックランキングで上位に食い込んでたから買ってみた。
恋愛小説です。
ココみたいに、本の感想を書いたブログに主人公伸がたまたまアクセスして、たまたま管理人ひとみにメールを出したことから始まる恋のお話。
すごい。
とっかかりからして、今こうやって感想文をつらつら書き溜めている私からしたらかなり親近感がわく。
確かにこんな風に「誰かに読んでもらう」というより「自分の感想を残しておく」ことをメインにやってるサイトに突然メッセージが舞い込んできたら嬉しいだろうなぁ。
しかもきっかけになった本が自分にとって凄く思い入れがある本だったなら尚更。
そしてそしてメールをくれた伸がめちゃくちゃ男前。素晴らしいッ。笑。
「仲直りするためにいっぱいケンカしよう」って言ってくれる。いいないいな。笑。
メールのやりとりをするうちに、伸はどうしても会いたくなっちゃって勇気を振り絞って会ってほしいってお願いをして。
…でもひとみはなかなかOKを出さなくて、それには深い理由があって。
っていう話。
ひとみは聴覚にハンデを持っていたから。
手話をほんの少しだけかじっている私はココでもぐっと話に引き込まれた。
なんか本当にまっすぐな2人が結ばれていくのを見守るのが心地よかったー。
エイジ 
自宅の本棚に置いてあった重松作品を引っ張りだしてみた。
…またしても少年犯罪を扱った小説だった。。。
ちょっと内容としてはヘビィーだよなぁと思って、重松作品に手を出したのにまた少年犯罪って…。
やっぱり両方とも同じあの事件をきっかけに書かれた作品で。
あれだけ世間で騒ぎ立てられたのに、私は当時の記憶があんまりない。
まだ幼かったというかむしろ同世代だったから、余計現実味がなくて自分とは重ねられなくてどこかの遠い話のように思えたのかも。
自分と歳の近い子があんな事件を起こすなんて、さっぱり理解できなかった気がする。
だから今回立て続けにこのテの本に当たったことで、当時世間が(大人たちが?)どれだけあの事件に関心を寄せていたかを実感した。
こないだの『うつくしい子ども』は犯人の兄、今度の『エイジ』は犯人のクラスメイト。
どちらも昨日まで一緒に過ごしていた身近な人物が突然“こちら側”から“あちら側”へ行ってしまったという部分が共通している。
それで、罪を犯した弟なりクラスメイトなりの気持ちに自分なりに探ろうとする、同化しようとするところも同じ。
その事件をきっかけに主人公たちは初めて答えがない問題に出くわす。
いくら考えても、答えがでてこない・うまく言葉に当てはめられないという事態。
今まではそんな事態に陥ったことがなかった彼らは大いに戸惑い、悩む。
最終的に自分なりの答えを見つけ出したときに主人公たちはぐんと大人になっている。
内容が内容だけに「面白かった」とはいえないけれど、最後まで読まずにはいられなかった。
流星ワゴン 
38歳の主人公は引きこもりになった一人息子と冷え切った関係の妻をもつ失業中の身。
現実にどうしようもなく疲れちゃって、このまま死んじゃってもいいかなぁなんて思いながら終電を過ぎた駅前のベンチでぼーっとウイスキーを啜る。
そこに現れたオデッセイには5年前衝突事故で死んだ親子が成仏できずに乗っていて、主人公はこの親子に今までの人生でたいせつなどこか(人生の岐路になっている過去)へ連れていってもらう。
主人公はまるで『クリスマスカロル』のスクルージのように自分の過去、変えられない現実を見せつけられる。
連れていかれた過去で何をしても現実は変えられない。
でも、過去に起こったできごとの裏側を垣間見て主人公は未来を変えようと頑張る。

私がこのオデッセイに乗り込んだら一体どの過去に連れていかれるんだろう?ってずっと考えてた。
私の人生の分岐点ってどこだったんだろう?
何かを変えていたらもっと違う今があったのかなぁ?
…考えたってどうしようもないけど、考えてた。
考えたら、苦しくなった。
過去を悔やんでいる…のかなぁ。
たぶん同じくらい受け入れていると思うけれど。
どちらにせよ、この先どうなるんだろう?って。
むしろ、私はどうしたいんだろう?って。
最近そればっかり考えてる。
みぞれ 
これよ、これこれー!!!
と言いたくなるような本だった。
今私が求めているテンションの本。笑。
著者自身あとがきで言っている通り
【要は世間の中から生み出される、暮らしと地続きの「お話」だって捨てたものではない。】
そう。「お話」。
あらかじめ最初から最後まで作りこまれたものじゃなくって、どっかの誰かの日常の一部を切り取ったみたいな、そんな「お話」が読みたかったの。
短編なので、色んな人の色んな人生が楽しめます。
10代の甘酸っぱい感じのものから、人生の最期を思わせるような切ないものまで。
設定も人物も実にさまざま。
粒ぞろいな感じがとてもよかった。
うつくしい子ども 
―――癒されたい。
と、思ってタイトルだけの印象で読んだら全然癒し系じゃなかった。笑。
もうみんなが忘れかけている事件を題材にした小説。
少年犯罪について見直されることになったあの事件、です。
犯罪の加害者の家族という目線の作品はこれまでにも読んだことがあるけれど、これはこれでいい。
この主人公は自分の弟が殺人を犯したという事実からちっとも逃げていなくて、腹くくっちゃってる。
14歳とは思えない大人びた<ぼく>に驚かされる。
終わりの方がなぁ…なんか呆気なかったけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。