スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王妃の館(下) 
石田衣良が六本木だったら、浅田次郎は浅草。
そんなイメージ。
『鉄道員』しか知らずにこの人の本を読むとギャップに卒倒しそうになる。
最初の方に散りばめられたいくつかの伏線が最後には1つに集まる。
予測できるんだけど、それを裏切らない。
想定できる「予想外」が起きて面白く繋がるお話。
んーでも『プリズンホテル』の方が痛快で面白いかなぁ?
まぁ、これはこれで最後まで「あ、やっぱりそうなる?w」みたいに楽しく読めたけど。
スポンサーサイト
王妃の館(上) 
★★★☆☆
月のしずく 
★★★☆☆
見知らぬ妻へ 
★★★☆☆
プリズンホテル3冬 
★★★★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。