スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モダンタイムス下/伊坂幸太郎 
大石倉之助の他にも、著者と漢字違いの井坂好太郎が登場しているんですが。
下巻はこの井坂さんが、本の中で本を書いていて、劇中劇ならぬ本中本???
そんな設定にしていても、あまり頭がこんがらがらないし(書体変えてあるから?)どんどん進む下巻。
なんでそんな展開になるんだ?と思いながらも、目が離せなくて。
時折挟む伏線の回収に「おっと。そうだったそうだった。」と思いながら一気に最後まで。
上巻でやたら恐ろしかった妻が、やっぱり強くてカッコイイ。
あの妻何者だ。笑。
内容を噛み砕くにはあまりにも流し読みしてしまったから、じっくり考えるというより話の展開の面白さ重視で読んでしまいましたー。
スポンサーサイト
モダンタイムス上/伊坂幸太郎 
伊坂さんの本は伏線だらけで、思わぬところでその伏線を回収したりするから、前半部分からして気が抜けないんだよなぁ。
なんて思いながら読み始めた上巻。
ちょっと最初読むペースがゆっくりだったから、下巻で前半に起こった出来事思い返すのに時間がかかったりして。
しかし、浮気疑惑があるからってヤバイお兄さん雇って拷問して吐かせようとする妻恐るべし。
いきなりそんなおっかない妻がいるっていうエピソードから始まったかと思えば気づけば話のスケールはどんどん大きくなっていって……っていうのが上巻。
『魔王』の数十年後の世界を描いた作品らしいんだけど、魔王読んだのなんて3年弱くらい前だから記憶が…ない…。政治絡みの怖い話っていう印象しかなくて。
魔王読み返してから、もう1回読んだら面白いんだろうなぁ。
どちらかというと最近読んだ『ゴールデンスランバー』の方が近いなって思ったら、執筆時期がだいたい同時期だったそうで。
なるほど。でも、似ていると感じても内容は全然異なるのでそれぞれに楽しめます。
私としては漢字違いの大石倉之介が出てきたところにぷぷっと笑ってしまいました。
まさに今忠臣蔵にハマっているので、殿中でござる!とか言われると可笑しい。
12月に大石殿をモチーフにした登場人物が出てくる本に出会うとは、グットタイミングであります。
ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎 
だいぶ前に映画館に足を運んだ。
文庫化したので、そして彼氏の本棚に並べられていたのでこの度原作を読む運びとなりました。
で、映画観に行ったのいつだっけ???と思って去年の日記帳をパラパラ。
2010年2月10日。
あ゛ぁー…。あの日ですか。何着てったかまで覚えてるわ。(遠い目
もう1年前なんですねぇ…ってそんなことはいいとして。
映画のシーン結構覚えてて、読み進めながらスクリーンの情景が思い浮かんだ。
結構原作に忠実に映画にしてたんだなぁー。あの映画面白かった。
途中でラーメンを食べるシーンが出てきて、活字追ってるだけなのに無性にチキンラーメンが食べたくなった。笑。
ずっと会ってない昔の知り合いと同じモノを見て同じ思い出したり、助け舟を出したり。
人間の最大の武器は習慣と信頼らしいです。
オーデュボンの祈り 
【世界中の物事は、小さいことでつながっていて、影響しあっている】(本文より)

まさに。
ひとつひとつのちっちゃな出来事が、ドミノ倒しのように繋がっています。
前はパズルか何かに例えたと思うけど、それでもいい。
前半でドミノちまちま並べてって、後半で一気に倒す!みたいな。爽快であります。
伊坂さんの作品何冊か読んで、このデビュー作を読んだので、先の展開読むのが苦手な私でもどうなるのか予想はうっすらついたけれども、面白かった。
それにしても、喋る案山子、しかも未来がわかる案山子なんて、そんな設定自体にびっくりなわけで。
ありえない話なのに続きが気になるわけで。
案山子が殺されちゃったところは、悲しくなりました。案山子なのに。
陽気なギャングが地球を回す 
前編もちゃんと読んだよッ。
何度も書き直して仕上がっているだけあって、これも様々な伏線が織り込まれてます。
前後編通じて、章ごとにちょっとずつ辞典のようなものがついていて、それが本当の辞典+伊坂さんの解釈みたいになっていて面白い。
それにしても銀行強盗ってこんなにうまくいくものなのか?
伊坂さんの作品は強盗が多いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。