スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1Q84 BOOK3<10月―12月>  
まさか続きがあったなんてね…。
発売日に一応げっとして手元に置いておいて、さっき読み終えたところ。
BOOK2で色んなところが腑に落ちなくて、色んなことが投げやりになって無理やり完結させられたような感じがしたのは、私の勘違いじゃなくってBOOK3があったからだったのか。
そう考えると、BOOK1とBOOK2も納得がいく。
でも1年も経ってるから、あらすじがおぼろげだ…。読んでて少しずつ思い出したけど。
ワイドショーでも散々言われてたけど、きっとBOOK4も出るんでしょう。
BOOK4が出るちょっと前に再読しておけばいいかなぁ?
スポンサーサイト
1Q84 BOOK2<7月―9月> 
村上春樹作品は、登場人物同士の会話が素敵。
相手の問いかけに対して「あるいは。」だけで答えるとか、相手が言ったことをそのまま繰り返すとか。
普段会話の中で「あるいは。」なんて言わないもんなぁ…。
なんだか知的に響くんだよねぇ。かっこいい。
さて。
後半1冊はますますリトル・ピープルって何者だろう?空気さなぎってどんなものだろう?という疑問が色濃くなっていきます。
青豆と天吾の距離もだんだん近くなるし。
さらっと読んでしまったけど、いくつか心に残る言葉もあり(再読したら、書き留めようか)。
飽きることなく全部読みきってしまえたけれど、この結末は一体…。
ぅーん。どういう解釈をしたらいいのかな?難しい。
1Q84 BOOK1<4月―6月> 
発売日の朝いつもの駅構内の本屋さんに山積みだったのに、仕事帰りには完売になっていて。
「ナニゴト?!」と思って慌ててゲットした久々村上春樹作品。
世間で騒がれていたように、何の予備知識もなく読み始めた。
…むしろ発売になるまで、新作が出ることすら知らなかったし。
もう数十ページ読んだだけで「出ました!春樹節!」ってくらい村上春樹です。
全然関わりのなさそうな2人が章ごとに交互に登場。
まぁいづれ何かしら繋がりは出てくるんでしょう?っていうのは予測できるところだけど。
それでも少しずつ少しずつその2人に共通項が見え始めるのが面白い。
引き込まれるねぇ、やっぱり。
このBOOK1を読み終わった時点でだいぶ2人がリンクしてきたけど、後半の2冊目で果たしてどうなることやら?
続きが楽しみ♪
アフターダーク 
★★★☆☆
ダンス・ダンス・ダンス(下) 
★★★☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。